靴のビスポーク Sforzo.opera・・・Fitting

  Sforzo.OPERA 靴のビスポーク
  Orthopedic bespoke
コンタクト
TEL:078-964-5250 E-mail:info@sforzo-opera.com

 

Fitting

 

ビスポークシューズのフィッティング

 

 

足と靴のフィッティングで、一番重要となる物はアインラーゲン(インソール)です。

なぜならば、50kg〜100kg以上もある体重を支えているのは、たった2つの

小さな足の裏だけだからです。

さらに、歩行時で体重の1.25倍、走っている時には体重の3倍もの圧力が

足の裏にかかっています。

足の裏には、いくつものアーチがありその体重による衝撃を吸収しています。

アーチのバランスが崩れたり、低下してくると、体重圧に耐えられなくなり

胼胝(たこ)や鶏目(魚の目)が出来たり、疲れやすい足となってしまいます。

そこで、フルオーダーアインラーゲンを挿入することにより 

1、アーチのサポート 2、アーチを正しい形へ支持 3、胼胝や鶏目部分の除圧 

4、さらに足底全体で体重を支えられる用になり、

足は疲れにくく、胼胝や鶏目が出来にくくなります。

オーダーメイドのアインラーゲン【インソール】

Sforzo.OPERAでは、

フットプリントを基に木型に

アーチサポートを掘り込むスタン

ダードタイプと、重症のお客様の

ために足型を石膏で採り、

足型にアーチサポートを直接

掘り込むハイグレードタイプを

ご用意しております。

既製のインソールや他社メーカーのオーダーインソールは、万人の人に合わせるため、

アーチサポートが低すぎたり、一部分を押し上げすぎたり、合っている用に思えても、

柔軟すぎて、アーチをサポート出来ていないものが数多くあります。

アーチサポートの位置や高さを間違えていれば、逆に足に悪影響を与えてしまう

可能性があります。

足の裏の形も人それぞれ違い、同じ人でも右足と左足がまったく同じという人は

ほとんどいません。Sforzo.OPERAのフルオーダーアインラーゲンは、職人が一つずつ

丁寧にアーチサポートの高さ・位置を調整し、機械では出来ない、体重を支えられる部分

・支えられない部分を細かく判断し、制作を行っております。

 

 

次に、甲革(アッパー)部ですが、オーソペディックシューズ【整形外科靴】の

先進国であるドイツから最新の機器を輸入し木型修正後の仮合わせを

クリアチェックシューズで行っております。

今までのビスポークでは、実際に靴を製作し行っていましたが、それでは、

足の当りや隙間(空間)がよく見えず、革で出来ているため周径さえ合っていれば、

合っていない木型が合っているように思えてしまいます。

また、お客様自信も足の感覚は鈍感なため、靴が合っているかどうか確認することが

難しかったでしょう。

しかし、Sforzo.OPERAでは、クリアチェックシューズを採用していますので、

どこが当っているのか、隙間(空間)があるのか一目瞭然です。

さらに、PET(ペットボトルと同素材)で出来ているため、たとえ周径が合っていたとしても、

形が合っていなければすぐに合っていないと判断できます。

靴のビスポークのフィッティング
オーダーメイドシューズのフィッティング
Clear check shoes 【クリアチェックシューズ】